News

What does Lightmoment do?

Concept…

光は時の移ろいを感じさせ、場の情景をつくり、人の感情を左右します。
刺激的な光、記憶に残る光、心地良さを感じる光…
「光」を媒体とし、人の心に訴えかける「間」を創る。
Lightmomentは、あらゆる要素に影響を与える光を丁寧に設え、
その時、その場所、その人々に最適な空気感を提供します。

Lightmomentはあらゆる建築・インテリア、様々な空間の光そのもののあり方を考え、計画・提案する会社です。
その空間全体の光がどうあるべきなのか、どのような雰囲気、効果や明るさであるべきなのかを考え、設計していきます。
光のあり方によってその空間での過ごし方や感じ方が変わってくる為に、誰がいつどこで何をするのかを分析し、空間用途に沿った最適な光を提案します。
どんな気持ちになって音楽を聞くホールなのか、どのように商品を魅せたいのか、どんな企業だと印象づけたいのか、どのような会話をしたいバーなのか、
クライアントや設計者と同じ目線で空間のあり方を考えると同時に、第三者的な立場で空間を見つめることで利用する人にとって最適な空気感をつくり、
場・コト・人との関係性を構築することが我々照明デザイナーの役割だと考えます。

Who is Lightmoment?

田 中 圭 吾 / KEIGO TANAKA

LIGHTING DESIGNER / LIGHTING CONSULTANT / CEO
ASSOCIATE IALD

1980年 神奈川県生まれ、ハワイ育ちのニューヨーク好き。

東海大学工学部建築学科卒業。

建築デザインを学ぶ傍ら、空間への光の影響力、可能性に気付き照明デザインの道を志す。
国内外を含めたレストラン、ブティック、ホテルやオフィス、商業のコンプレックスビルやランドスケープ、住宅まで幅広いジャンルの光のデザインを行っている。

光の美しさだけでなく、そこにある光が我々人間にどのように作用するのかを常に意識している。
どのように記憶に残るのか、心地よさを感じるのか、または刺激されるのか。
「光」を媒体とし、人の心に訴えかける「間」を創りたいという想いを込めてLightmomentを設立。

2003-2007
大光電機株式会社TACTデザイン課に入社、インハウスデザイナーとして経験を積む。
多くの商業空間の照明計画に携わり、空気感を変える光の力に気付く。
2008-2009
大光電機を退社し、本場ニューヨークの照明デザインを体験するべく渡米。
Cline Bettridge Bernstein Lighting Designに所属し、病院やオフィスビル、歴史的建物からホテルなど様々な建築照明に携わる。
当時日本で主流ではなかった3D照度計算ソフトや、米国の省エネ法にあたるASHRAEやLEEDの計算方法など、国際的照明デザインのアプローチを学ぶ。
2009-2014
帰国後、LIGHTDESIGN INC.に入社。国内外での建築や商業空間での経験を生かし、海外の巨大コンプレックスプロジェクトを主に担当。
他にも集合住宅やランドスケープ、工場、オフィスビル、バーなど幅広くデザイン。エモーショナルな日本の照明デザインを世界に発信するべく活動する。

How does Lightmoment design?
照明デザインのプロセスは、基本的に建築やインテリアの業務段階に沿って進められます。
様々な空間用途や業態がありますが、下記のような工程をふみながら丁寧にデザインを発展させていきます。
どの段階からでも参画可能ですし、ご要望によって変更・追加することも可能です。

デザインフェーズ(コンセプトワーク、基本設計段階)

1. スキマティックデザイン(基本計画)

プロジェクトの概要や事業計画、デザイン意図や想いをご説明いただきます。
概要をもとにアイディアスケッチから始め、光のイメージが伝わる模型やパース、施工例画像などを駆使して光の概念・方向性をご提案します。
何度かクライアントや設計者の方とディスカッションをしながらお互いの光の意識やイメージを共有していきます。

2. デザインデベロップメント(基本設計)

共有された方針のもと、多角的に照明手法を検証し、光源や器具その配置を導き出し、実現に必要な概算費用まで算出します。
理想的な照明効果を実現する上で、素材の選定や色などの提案もさせていただきます。

3. コンストラクションドキュメント(実施設計)

前段で進めてきた内容をより細かく発展させていきます。器具のおさまりや寸法、建築に関わる部分の確認と調整をします。
また、実寸模型を用いて光の効果の確認をしたり、必要な場合は予算に合わせるための金額調整を行います。
時には施工者や他協力会社などと綿密に打合せをし、施工に入る前にチーム全体の不安要素を徐々に取り除いていきます。

コンストラクションマネージメント(施行監理段階)

1. サイトディレクション(現場の監修・伝達作業)

デザインフェーズでの成果を現場に伝える業務です。想いを形にする為に、光の意図・必要性を現場の方々に丁寧に説明し、理解していただく必要があります。
間違いが起きにくくする為にコンセプトや手法を説明する照明定例会を開いたり、問題点を解決する為に現場に赴き、施工段階を細かくチェックしていきます。

2. サイトコーディネーション(現場の調整作業)

現場での計画変更への対応と最終承認業務です。現場から提出される総合図や施工図、納品される器具及び建築化照明の納まりへの最終確認・承認をします。
また、現場での予期せぬ変更や問題を一つ一つ解決していきます。

3. サイトフォーカシング(現場の仕上げ作業)

現場工事完了前後、最後の光の調整作業を行います。
オペレーションや計画時の意図に合わせて器具の位置や角度調整、調光による明るさ及びシーンの設定・調整をします。
現場の方々に手伝っていただきながら、最後まで丁寧に光を仕上げます。
Why should I choose Lightmoment?

多くの異なる業種・用途空間における実績経験

商業空間及び建築空間両方の様々なプロジェクトに関わることで得られた豊富な知識と理解度。高層オフィスビルや工場、マンション、ランドスケープ、ホールなどの建築空間からレストランやブティック、ホテル、百貨店そして住宅まで。

豊富な国際プロジェクトの経験

海外デザイナー及びクライアントとのコミュニケーションはもちろんのこと、プレゼンテーションや現場調整など、国内外でのマネジメントが可能です。

サスティナビリティ

世界基準の省エネ法(LEEDやASHRAE)の実務経験から適切な照明計画が可能

When should I call/offer Lightmoment?

A.S.A.P!!! なるべく早くに!!!

基本的にはHow…?の中にあるワークフローのどのフェーズからでも参画可能ですが、
より早いフェーズから参画させていただける方が、
照明デザインが進行する上でより大きな効果を実感していただけます。

Where is Lightmoment?
〒107-0052
東京都港区赤坂4-13-8 赤坂パレスマンション307号室
TEL: 03-6435-5492
info@lightmoment.jp